早稲田大学 1983年次稲門会旗の画像




最終更新日2016年5月14日

早稲田大学 1983年次稲門会の公式ホームページです。


 HOME > 会則

早稲田大学校友会 1983年次稲門会 会則

第1条 名 称

本会の名称は「1983年次稲門会」とする。

第2条 目 的

本会は会員相互の親睦と、早稲田大学及び校友会の発展に寄与することを目的とする。

第3条 事務所

本会の事務所は、幹事長宅に置く。

第4条 会 員

本会の会員は、原則として早稲田大学昭和58年卒業生、昭和58年大学院修了生、昭和54年入学生、及びこれらに準ずる者とする。

第5条 役 員

本会に次の役員を置く。  会長1名、副会長若干名、幹事長1名、幹事5名以上  会計1名、会計監事2名 役員の任期は次の総会までとし、但、再任を妨げない。

第6条 運 営

会長は本会を代表する。 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。 会長、副会長、幹事長、幹事、会計、会計監事は役員会を構成し、本会の諸事項を合議決定し、その運営にあたる。 会計監事は本会の経理を監査する。

第7条 総 会

本会の総会は原則として年1回開催する。 総会における議長は原則として幹事長とし、議決は出席者の過半数をもって行う。 次の事項は総会の承認を得なければならない。   役員の選任、事業報告・決算報告、会則の改訂

第8条 会 計

本会の会計は会計が行う。 会計の期間は毎年4月1日から翌3月31日までとする。 期間終了後、会計監査を受け、次の総会で決算の承認を得る。

第9条 改 訂

本会会則の改訂は、役員会の提議に基づき、総会の承認を受けて行う。

第10条 その他

会員相互の政治・宗教などの勧誘活動並びに営業活動は、稲門会の趣旨に則り自粛する。 万一問題が生じた場合は、役員会で適宜対処する。

附則1 施行日

本会則は2008年(平成20年)10月11日より施行する。

附則2 改訂日

本会則は2010年(平成22年)6月5日より改訂する。(名称変更)

このページのトップへ